週末に高槻のアルプラザで、年金や労働問題の相談員をしてきました。

吹き抜けで結構寒い…のですがコートを着るわけにもいかず、途中から社労士会の黄色いハッピを着させてもらいました。
黄色の地に黒字で「社会保険労務士会」って大きく書いてあります。
タイガースか社労士会ってほどの派手さです(笑)。

土曜日のため人通りも結構多く、気になっていた年金のことなどをお尋ねになる方が多かったです。

その中でも特にご年配の方がおっしゃるのは「年金事務所が遠い!」ということです。

高槻を管轄しているのは吹田の年金事務所で、吹田市・高槻市・茨木市・摂津市・三島郡が含まれます。
JR吹田の駅前からそれほど遠くはなく、10分もあれば余裕で着くのですが、そもそも高槻からは吹田まで行くのに多少時間がかかります。
特に年金などについて手続きが必要だったり調べたいことが多くなるご高齢の方にとっては、億劫になる距離かもしれません。
けれど、実際年金の請求をするときなどには多くの添付書類も必要になり、慣れていない方が全て郵送で済ませるのは難しいことです。
頑張って年金事務所まで聞きに行って「あれこれが必要」と言われ、再度持っていくも、今度はこれが足りないと言われる…

お金が支給されることですから手続きは厳格になされる必要があると思いますが、実際請求する個人にとっては、負担がかかることだろうなとも思います。

あまり知られていない「社労士」という仕事ですが、そういう時橋渡しをする役目も担うことができます。

年金の請求等でお困りの場合は、一度ご相談くださいね。

photo1